高橋みなみ「ミュージックソン」へ意欲

 AKB48がメーンパーソナリティーを務めるニッポン放送の24時間番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」が24日正午から放送開始された。同グループ総監督の高橋みなみ(22)が放送前に会見に応じ、意気込みを語った。

 「音の出る信号機」を設置する基金を募る目的で、今回で39回目を迎える同番組。女性グループがメーンパーソナリティーを務めるのは初となる。24時間の生放送を控え、前日23日は「お休みをもらって1日家でボーッとしてました」。それでも緊張で寝付けなかったという。

 番組では特別支援学校の生徒らとAKB48による「恋するフォーチュンクッキー」の合唱も予定されている。高橋は「ゲストのみなさん、ニッポン放送のみなさん、リスナーのみなさんと全員で最後まで走り抜けていきたい」と意気込んでいた。

 [2013年12月24日12時0分]

この記事は日刊スポーツより引用しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加